壁掛けテレビとは?

洗練されたデザインに安全面
壁掛け設置の5つのメリット

昨今、さまざまな分野のデジタル化、テクノロジーの技術革新が進んでいます。

中でも、日常生活に身近な「テレビ」は、ただ番組を視聴する機器というだけでなく、
インテリアの一つとしても注目されるようになってきました。

そこで新しく生まれたのが、「壁掛けテレビ」という設置方法です。
壁掛けテレビとは、あらかじめ壁面に専用の金具を取り付け、そこへテレビを固定したスタイルです。
テレビ台を置く必要がないので洗練された住空間の演出が可能になります。

高画質な大型テレビが主流となった現在、ライフスタイルにあった設置方法で日々のテレビライフを楽しんでみませんか。

     

壁掛けテレビのメリットって?

飲食店や病院ほか、銀行の店舗などでも見かける機会が増えてきた「壁掛けテレビ」。テレビ台のいらないこの設置方法は、一見するとどのように固定されているかわかりません。
ですが、ご家庭への導入はとても簡単です。新しくテレビを購入されたのを機に、この新しいスタイルを希望する方が増えており、今どんどんと需要が高まってきている人気の設置方法です。
ここでは、壁掛けテレビにするメリットを、その魅力を交えて紹介します。

住空間のオシャレ度アップ

洗練された住空間の特徴のひとつは、室内に無駄なものがなくスッキリしていること。
壁掛けテレビなら、モデルルームのようなおしゃれな住まいを実現。その理由は、テレビ台やレコーダーなどを置かずに、テレビを固定、設置できるから。長く伸びた配線が床に放置される心配もありません。壁と一体化するので、最近人気のシックモダンなお家だけでなく、カントリー調のお家にもよく馴染みます。

安全性の高さ

従来のテレビの設置方法は、台の上に大型のモニターが置いてあるだけという状態です。安定性が悪いので、小さなお子様が触って倒れてしまうということもありました。また、地震の多い日本では、揺れで落下したテレビに躓いて転んでしまったり、逃げ遅れてしまうといった影響も起こりえます。
壁掛けテレビは、壁に金具を固定しており、脱落防止の工夫がされています。大切なお子様やペットを守る手段としても、有効な方法です。

画面の設置の高さを選べる

実は、テレビを設置する高さはとても重要です。短時間でも、毎日テレビを見るという方は多くいらっしゃると思います。しかし、テレビを見る姿勢や角度によっては、体に負担を与えかねません。市販のテレビ台では調整できる高さにも限度がありますが、壁掛けテレビなら、設置する高さを自在に選べるというメリットがあります。
お持ちの椅子やソファー、または床に座ってみる場合など、お客様それぞれにあった最適なポジションのご提案が可能です。

省スペース

壁掛けテレビを設置される方の6割は、ファミリー層の方です。家族の多いご物件はもちろん、一人暮らしの場合もお家の広さには限りがあります。
これまでは、テレビのモニターが大きくなるほど、テレビ台も大きなものが必要でした。ですが、テレビ台を置く必要がなくなるので、お家の空間を最大限に広く活用することがでるようになります。床に物を置くこともなくなり掃除も格段に楽になるほか、広々とした室内でスマートな生活が実現できます。